インプラント治療について

『インプラント』という言葉は、これまで耳にしたことはありますか?
インプラントとは、虫歯やその他の要因で歯を失ってしまった場合に、顎の骨の中にインプラント体(人工歯根)を植え込み、アバットメント(人工支台)を軸にして上部構造(人工歯冠)を取り付け、噛む機能を回復する治療法です。
インプラントは、上部構造、アバットメント、インプラント体という3つのパーツから成り立っています。これを骨に埋め込むため、まるで新たに歯が生えてきたかのような、天然歯に近い噛み心地になるのです。

ブリッジや入れ歯との違い

歯を失った場合の治療法としては、「インプラント」、「ブリッジ」、「入れ歯」の3種類があります。
それぞれの治療法の特徴を比較してみましょう。

インプラント

インプラント(人工歯根)を用いて、他の歯に全く負担をかけることなく、単独で失った歯を天然に近い状態にまで回復させる治療です

利点

  • 自分の歯とほとんど同じような感覚で噛める
  • 審美性に優れているので自然な外観や表情を取り戻すことが可能
  • 異物感はほとんどなく、慣れると自分の歯とそれほど変わらない
  • 食べる物の制限がないため、バランスの良い食事が楽しめる
  • 取り外しの不便さがない
  • お口の中が不潔になりにくいため、歯周病の予防にも大きい効果がある
  • 良く噛めるので、脳細胞の活性化を促し、認知症の予防にも効果があるといわれている

欠点

  • 手術が必要
  • 他の治療法に比べると治療費が高い
  • 全身の状態により、手術が不可能な場合がある
  • 骨の状態が悪いと、骨造成法(GBR)や上顎では骨が薄ければサイナスリフト等の手術が必要な場合には、治癒を待たなければならないので治療期間がかかる場合がある

ブリッジ

固定性で今までの自分の歯に近い機能が回復できる。 ブリッジは今現在最も多く歯が失われた場合に行われる治療方法です。

保険適用と保険外(自費)あり
※前歯等の審美性を重視し、セラミックを使用したり、金属が優れた適合性、生体に優しい貴金属の金合金などを使用すると保険外(自費)になります

利点

  • 前後の歯に固定するので、ほぼ自分の歯と同じように噛める
  • 見た目、審美性にも優れた物もある
  • 異物感が少ない
  • 取り外しの不便さがない

欠点

  • 健康な歯を削る必要があり、虫歯リスクが高まる
  • 歯の状態によっては、やむを得ず神経を抜いて根の治療が必要な場合がある 失った歯の部分を両隣の自分の歯で負担するため、負担が大きい
  • 削るための(麻酔などの)処置が必要になる
  • 修理が難しい
  • 大臼歯、奥歯2本が失われるとブリッジができない

入れ歯・義歯(取り外し式)

俗に言う義歯、入れ歯は取り外しのきくあごが付いた人工の歯です。

保険適用と保険外(自費)あり
※審美性を重視してセラミックの人工歯を使用したり、より快適性を求めて特殊な装置を用いた場合には、保険外(自費)になります

利点

  • 自分の自然の歯をほとんど削らなくてすむ
  • 作るのが簡単、早い
  • 保険適用なので保険の入れ歯なら安い(保険外の義歯もあります)
  • 壊れたら簡単に修理可能
  • 歯を削る手術が要らないので簡単

欠点

  • 取り外しのため面倒
  • 噛む力が自分の歯よりはるかに弱い
  • 異物感が強い
  • 壊れやすい
  • 金具が見えるので、審美性に欠ける
  • れ歯によってかけた歯の虫歯、歯周病のリスクが飛躍的に大きくなる
  • 残っている歯にバネをかけて入れ歯を入れるので、残存歯の負担が大きくなり、他の歯を失う原因になることもある