治療の流れ

当医院のインプラントの特徴は、「調和のあるインプラント」です。周囲の歯肉と調和し、歯並びにもなじみ、快適な生活をお約束いたします。

1初診・インタビュー

患者さんが、何に不満があり、何処をどう治したいかを十分な時間をかけてインタビューします。
ここで治療の方向性を相談していきます。

2診査・診断

インタビューにて患者さんの意向を確認したのち、必要な診査に入ります。
レントゲン写真、CT撮影、口腔内写真、その他の診査を経た上で、歯の状態、歯肉の状態、顎骨の状態を調べていきます。

3ご説明

検査結果に基づき、現状の詳細なご説明をいたします。

  1. 何が原因で今に至るのか。
  2. これから先どうなっていくのか。
  3. 治療として何が必要なのか。

患者さんの状況に応じて、治療プランを何通りかご用意いたします。

  1. 治療内容
  2. 治療期間
  3. 治療費
  4. その他のご要望

さまざまなことに対して、患者さんとともに治療計画を検討していきます。

4インプラント治療前の処置

他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていると、すぐにインプラント治療ができない場合があります。

5インプラントの埋込手術

インプラント(フィクスチャー)を局所麻酔で骨のなかに埋め込みます。局所麻酔のため痛みはほとんどありません。

6インプラントと骨の結合安定期間

埋入したインプラントと骨がしっかりと結合するまで、骨の状態や治療部位によって異なりますが、約6~24週間(1.5ヶ月から6ヶ月)ほど待ちます。埋入したインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。

7精密仮歯の装着

インプラントと骨がしっかりと結合したのちに、精密仮歯を入れます。 目的としては、

  1. 最適なかみ合わせの確立
  2. 磨きやすい歯の形の決定
  3. インプラントの部分で噛むトレーニング

が、あげられます。 日常生活に支障がない状態になるまで調整できたら、次のステップに進みます。

8上部構造(人工歯)の型取り、装着

精密仮歯の段階ですべての問題はクリアーされているので、後は精密仮歯をコピーした本物を入れるだけとなります。
上部構造(人工歯)の型を取り、歯並びや色をチェックしながら人工歯をつくります。人工歯が完成したら、装着です。

9定期健診でのチェック

治療は終了しましたが、ここからが良い状態を維持していくスタートになります。
定期的に来院していただき、細部にわたるクリーニング、かみ合わせの調整などを行います。
※患者さんの状態により定期健診を受ける間隔は異なります。

これが、お口の健康を保つコツです。