セラミックインレー

前歯だけではなく奥歯の銀歯などが目立って気になるので白くしたい、また金属アレルギーが気になるというケースがあります

そのような患者様へは、ハイブリッドインレーもしくは、セラミックインレーという詰め物の材料を用いたインレー治療をご紹介いたします。

セラミックインレーについて

メリット

  • 透明感が高いため、セット後は装着する歯(支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 異物感はほとんどなく、慣れると自分の歯とそれほど変わらない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない

デメリット

  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある。(セメント固定後の強度は高い)

ハイブリッドインレーについて

ハイブリットとは?

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。
歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上に人工膜を置きます。
歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。

ハイブリットとセラミックスの違い

両方とも色調は白い天然の歯の色となりますが、長期的な色の変化はハイブリットの方がセラミックと比較すると少し変色してきます。硬さもハイブリットの方がセラミックと比較すると柔らかいです。価格は、ハイブリットのほうが少し安いです。

メリット

  • 硬すぎず軟らかすぎず粘り強さがあるためインレー(詰め物)に適している
  • 保険の詰め物と比べ唾液の吸収が少ない
  • 保険の詰め物と比べ変色が少ない
  • 適度な硬さで対合歯に優しい

デメリット

  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る
治療費40,000円+税 / 1本当たり

※別途処置料等かかります

症例1

症例セラミックインレー1