メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)

見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

  1. セラミックを金属の枠組みに焼き付けて作る冠
  2. 強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能
  3. 経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくることがある
  4. 元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある

befor

 

after

治療前 前面
 
治療後 前面

befor

 

after

治療前 側面
 
治療後 側面