差し歯の種類

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン透明感のある自然な差し歯には、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。セラミックを利用することで、時間が経っても色がくすむことはありません。

  1. 透明度・生体親和性が高い
  2. メタルアレルギーに有効

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンメタルボンドは歯科技工における鋳造の技術を用いて造られます。ある意味、鋳造は確立された歴史のある方法ですので金属を使用しているとはいえ、上記のメリットは無視できません。お口の状態にあわせて、メタルボンドクラウンを使用しています。

  1. 複雑な形を作るときにはよい
  2. 歯と歯の間のスペースが取れないときに有効
  3. 入れ歯の支台歯として有効
  4. かみ合わせをつくるときに有効
  5. 金属アレルギーがでやすい
  6. シャドウがでる

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン金の含有量が高いため、適合精度に優れています

  1. 硬すぎず柔らかすぎず、天然歯に近い硬さ
  2. 溶けにくい性質を持っており、金属アレルギーが起こりにくい
  3. 金属の劣化がありません
  4. 噛む力に対する耐久性が高い
  5. 適合性に優れ接着面から虫歯が再発しにくい
  6. 色が白くないので、審美的に劣る

オールセラミックとメタルボンドの比較

金属の裏打ちがあるかないかが特徴で、それぞれに利点があります。

オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン メタルボンドクラウン オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン天然の歯肉の色になってます オールセラミッククラウンとメタルボンドクラウン歯肉に近いところの色の再現性が違います メタルボンドクラウン金属を使うため、
やや黒ずんで見えます