治療の流れ

感覚で作るものではなく、的確な診査・診断の上、医学的根拠のある自然美、機能性を持たせた歯を作り、素敵な笑顔を提供します

1インタビュー

インタビュー

患者さんが、今現在どういう症状があるのかじっくり時間をかけて伺います。
歯周病は自覚症状に乏しいため、初診のときに初めて『あなた歯周病になってますよ』と言われることも珍しくありません。
『歯周病とはどんな病気なのか』ということをわかりやすくご説明し、今後の治療の概略についてお話します。

2診査・診断

診査・診断歯周病について十分ご理解をいただいた上で、診査に入ります。

基本診査

  1. 口腔内写真
  2. 精密レントゲン診査
  3. 歯周組織の状態の診査(ポケットの深さ、炎症の有無、歯の動揺度など)

診査が終了しましたら、結果をご説明します。
その後、歯科医師、歯科衛生士ともに症例検討を行い、具体的な治療計画を立てます。

3治療

コミュニケーションを重視し、全ての情報を加味して、あなたに最適な治療を進めていきます。
歯周病の進行具合により回数が異なるのは、歯磨きをする(=見えている)部分でなく、歯茎に隠れている歯石を取り除く為、数ミリ程度の細かい作業で慎重に行わなくてはならないからです。
もちろん、治療方法や回数などは貴方様と相談しながら治療していきますのでご安心ください。痛がりや怖がりな方でも、安心してください。
治療の最初に行うことは、主に3つです。

  1. ブラッシング指導
  2. スケーリング
  3. ルートプレーニング 
ブラッシング指導
ブラッシング指導

歯周治療の基本は歯ブラシです。
歯肉の奥に隠れている細菌、歯石はプロである私たちが取りますが、目に見える部分の汚れ(細菌)はご自身で取る必要があります。
普段何気にやっている歯ブラシではムラがあり、磨けているところと磨けていないところがあります。
歯科衛生士が丁寧にブラッシングのご指導をさせていただき、ご自身でスッキリとしたお口を維持ししていく技術と習慣を身につけていただきます。
これが歯周病治療の成功を握っているといっても過言ではありません。

スケーリング
スケーリング

歯根の表面にこびりついている歯石を、特殊な器具を用いて丁寧に除去していきます。


ルートプレーニング
ルートプレーニング

歯石を除去した後は、歯根の表面に細菌に感染している部分があり、根の表面がツルツルになるように仕上げていきます。

4再検査

一通り歯石を取り終えたら、やりっぱなしでは全く意味がありません。
もう一度歯周組織の状態をしっかり診査します。
状態が安定しているところと、改善が見られなかったところを区別します。

あまり回復が見られなかった部分に関しては、歯科医師と相談の上、別の治療法に入る場合があります。

5定期健診でのチェック

すべての歯の状態が安定したら治療は終了です。
しかしここからが良い状態を維持していくスタートになります。

歯周病は生活習慣病と言われ、再発のしやすい慢性疾患の一つです。
ご自身の力だけでコントロールしていくのは困難を極めます。

定期的に来院していただき、歯肉の状態をチェックし、細部にわたるクリーニングを行います。
定期的に歯科医院と付き合っていくことが再発を防ぐコツです。